~最速でスノーボードが上達する方法を、順を追って分かりやすく説明しています~

スノーボードが上手くなるためにはどうしたらいいだろうか?
もちろん、ゲレンデの近くに住んでいたり・・・

マンスリーマンションを借りたりして冬の間中滑っていればうまくなる。
それができないなら、限られた時間でできる限り効率よく上達するしかない!
(雪の降らない場所に住んでいて、普段学校や仕事があるなら、冬の間の土日をフルに使っても滑れるのは1シーズン20日位だろう。)

 

僕がスノーボードを始めた頃は効率の良い方法に出会えなくて(少なくとも最初の1,2年は)、気合で上達しようともがいていた。
やっぱりスノーボードを始めたら何かしらの技をやってみたい。なんとなく滑れるようになってきた当時は何も知らず、気持ちだけでキッカーに向かって・・・

たいていは思った通りの動きができなかった。

 

でも、ちょっとした理屈や、考え方を知るだけで全く上達速度が変わってくる。

上達速度は速ければ速いほど、うれしいと思うのは僕だけじゃないはずだし、

上達を感じることができれば、スノーボードがより楽しく好きになる!!
たいていの物事と同じように、スノーボードの技もマスターするのに最適な順番があるのだ。

どういうことかというと・・・

基本的には、ある技をやるために必要な動きがあって、必要な動きをマスターするとその技は簡単にできるようになる。
スノーボードを始めたばかりで、できるだけ早く上達したい人は是非このサイトを参考にしてください。

 

自信を持っておススメできる練習方法を紹介しています。
基本さえマスターしてしまえば、、自分のやりたい技をやるためには何を練習すればいいのか、何を強化すればいいのかが分かるようになり、

後は自分の好み(グラトリだったりパークだったり)に応じた方向に上達することができるようになります。

 

まずは、4つの基本をぜひ知ってマスターして頂きたい。なぜかというと、ほとんど全ての技はこの4つの基本から構成されているからだ。

板の2つの性質について

①板のしなり(フレックス)

参考記事
グラトリ・キッカー・ジブの前提となる2つの基本動作(フレックス編)

 

 

 

②板のねじれ(トーション)

参考記事
グラトリ・キッカー・ジブの前提となる2つの基本動作(トーション編)

 

 

 

上半身の2つの重要な動かし方について

③上半身のシフト

参考記事
上半身のシフト|技の成功率をUPさせる上半身の動かし方

 

 

 

④上半身による回転力の生み出し方

参考記事
上半身の先行動作|グラトリ・キッカー・ジブでスピンをするための上半身の動かし方