LINEで送る
Pocket

スノーボードで技をやるためには、板のしなり(フレックス)とねじれ(トーション)が大事なのに加えて、一つだけぜひ覚えておいてほしい上半身の動きがある。
板の向きを変えるために、板と上半身を逆方向にひねる動きだ!プラスマイナス90度の範囲であれば板の向きを自由に変えられるようになるので、雪面と板を適切な角度に合わせるのにすごく便利。
さらに朗報なのが、上半身の動きは板のしなりやねじれを扱うほど練習が必要ないこと。知って、意識的にやるようにするだけでどんどん体に覚えさせることができるよ!!

本記事は、動画の内容を文字で詳しく説明・補足しています。




スノーボードにおける上半身の使い方には2パターンある。

一つ目は、一般に先行動作と呼ばれていて、上半身によって回転力を作り出す動きだ。

これは技に入るときの上半身の動きとも言える。

二つ目は、90度の合わせ(シフト)のための、上半身の動きだ。

単体でもシフティという技として知られている動きだけど、一つ目との対比で言うと技の終わりで板の向きを調節するための上半身の動きと考えてもいい。

このサイトでは、キッカーでシフトをする場合を特別に「シフティ」と呼び、それ以外は単にシフトと呼ぶことにする。

 

フレックスとトーションが、板に関する上達のための2大要素だった。

※フレックスについての説明「グラトリ・キッカー・ジブの前提となる2つの基本動作(フレックス編)」

トーションについての説明「グラトリ・キッカー・ジブの前提となる2つの基本動作(トーション編)」

で、これに上半身の動きを加えていくわけだけど、この記事ではまず、90度の合わせ(シフト)について説明していく。

 

結論から言うと

90度の合わせ(シフト)はすぐにマスターできる。もちろん、完成度の違いはあるけれど、理屈を知ればすぐにできる。

 

シフトのやり方を説明すると、

①まず、ボードのソールに摩擦力が働いていない時にかける必要がある。

雪面だと、摩擦力が強くてシフトするのはかなり無理がある。逆に、オーリー・ノーリーをして板が空中に浮いている時は、摩擦力が働いていないので、シフトできる。

また、ボックスレールの上では摩擦力が十分小さいので、シフトできる。

②具体的な動きは、上半身と下半身を逆方向にひねる。

上半身のひねる方向で、フロントサイドシフティ・バックサイドシフティと区別されている。

・フロントサイドシフティ(左肩が胸側、右肩が背中側、レギュラースタンスの場合)

・バックサイドシフティ(左肩が背中側、右肩が胸側、レギュラースタンスの場合)

 

シフトという動きをマスターすると・・・

ボックスで横にする(ボードスライド)時に使える(ボードを横にするには90度回す必要があるよね)

・グラトリの回転系の技をやった時、回転が少し足りないときに合わせることができる

・キッカーで回した時も、同じように回転が少し足りなかったり、余ったりしたときに板をランディングに合わせることができる

・その名の通り、キッカーでシフティという技ができる

 

シフトは空中で、上半身と下半身を逆にひねる技なので、止まってオーリーやノーリーができるようになってから練習を始めよう。

 

シフトの感覚をつかむためには、ビデオの中でやっていた回転テレビ台の上で試してみる他に、回転イスに座って上半身と下半身をひねってみる方法もある。

回転イスに座って、上半身と下半身をひねる動きはかなり多くの人がやったことがあるのではないだろうか?

 

 

とはいえ、家で板を履いて回転テレビ台の上に乗るなんてやってられない人もいると思うし、回転イスがない場合もあると思うので、ゲレンデでシフトを覚えるのにおススメの方法を紹介する。

 

まずは、上半身と下半身を逆にひねるとシフトができるという事を意識しておく

それで、例えば滑り始める際に

横滑りの状態からオーリーして上半身をひねり、板を滑り下りる方向に向ける。

 

①横滑りの状態から

②オーリーして

③上半身を板と逆方向にひねって(シフトして)滑り降りる

この動きは、もうすでにシフトなので、後は意識的に必要な場面でできるかどうか、つまり慣れの問題になってくる。

自由に使えるようになるまでは、滑り始める時必ずシフトで板の方向を90度変えるように練習してみよう!

 

これで、フレックス、トーション、シフトという超大事な3つのポイントを知ったことになる。

あとこれらに、上半身によって回転力をつける動きである「先行動作」を学べば

ほとんどのスノーボードの技に必要な、全ての動きの基本が揃う!




LINEで送る
Pocket